鹿児島のお土産は何を選ぶ? お土産は送る人の健康にも気を使おう!

f:id:bokunoikinuki:20161125164149j:plain

http://taspy.jp/27289

 

鹿児島県。サツマイモや焼酎。水産物でいえば、カツオ節やカツオのタタキなどが有名ですよね。

 

鹿児島県ならではのお土産だけど、他の人とはなかなか被らない珍しいお土産を紹介します!

鹿児島の隠れた名産品とは?

それは「黒酢」です!お酢の原料を皆さんはご存知ですか?米と米麹と水だけというとてもシンプルな原料で作られているんです。

 

日本では24~48時間程度で作られた黒酢黒酢として呼ぶことができます。

 

しかし、鹿児島県福山町で「アマン」と呼ばれるツボで作られる黒酢は半年から1年かかるそうです。

 

2年から5年かけて作られる黒酢もあるそうです。それらと比べると1日2日程度で作られたものは全くの別物に感じますよね。

黒酢は3000年前から作られていた?

黒酢の祖先とも呼べる「香酢」は中国で作られていました。それが日本に200年ほど前に伝わり、今の黒酢呼ばれるものとなったそうです。

 

その伝わった当時の製法をずっと守り続けているのが、『坂本醸造』です。

 

一時は工場で簡単に作られる合成酢のせいで黒酢は衰退した時期もありました。それを乗り越えて200年続く製法を守り続けています。

本醸造黒酢

坂元のくろず
by カエレバ


200年ほど続く伝統的製法で、黒酢の原料である、米麹、蒸し米、水全てにこだわり作られている坂本醸造の看板商品です。

 

これは間違い無いですね! 歴史を感じる味です。スーパーで売ってる黒酢と比べるとコクが違いますね。

坂本のくろず薩摩


「坂本のくろず」の他にもさらに上を行く、発酵・熟成2年!他にもりんごなどのフルーツ黒酢などがあります。

 

 フルーツ酢はスーパー銭湯でも最近見かけますね!お風呂上がりの脱水気味の体にスーッと染み渡る感じがとても好きです。

 

-----

いかがでしたでしょうか。お酢は体にもいいので、日頃お世話になっている方へのお土産にぴったりですね♪

 

ちょっと黒酢は苦手かなと思う方にはフルーツ酢が本当におすすめです!

【さくらんぼだけじゃない!】山形のお土産の変り種は納豆で決まりだ!

f:id:bokunoikinuki:20161206003056j:plain

 

山形といえばさくらんぼのイメージが強いですね。可愛らしい見た目と一口食べたら止まらないさくらんぼをお土産にすればみんな笑顔ですよね!

 

でも鉄板は安定してるけど、面白くないなぁ〜と思っているあなた!今回はちょっと山形県のお土産だけど、ちょっと変り種をご紹介しちゃいます♪

ホカホカの○○鍋!

f:id:bokunoikinuki:20161205234735j:plain

http://nmai.org/kyodo/kyodo-fuyu/nattou.html

 

みなさんご存知?な山形県の郷土料理の納豆汁!実は山形全域で作られる冬の汁ものです。主張の強さで有名な納豆が鍋に入ると冬にはたまらない汁ものになるんです!

 

冬に会う理由の一つが納豆の粘りで汁自体が冷めにくくなります。体の芯からポカポカになります。そして納豆好きにはたまらないのが、なんと言っても風味。納豆を混ぜると汁全体に染み渡って濃厚さを生みます。

 

家でも試せるので、興味がある人は試してみてください。

納豆汁をお土産には…

山形県はそんな納豆と切っても切れない関係。でも納豆汁はお土産にしなくても家でできちゃいますよね。

 

でも心配ご無用!納豆関連の商品があるので、そちらをおすすめします!

雪割納豆

by カエレバ

 

発酵食品である納豆は健康にもいいですよね。米沢で有名な『雪割納豆』は最初から味がついています。開けてそのまま食べられます。しかし、ここは山形流で食べてみてください。

 

味がついている雪割納豆に味噌を入れます。どちらも発酵食品で匂いがきつめですが、おかず無しでもどんどんご飯が進むそうです。

坂田の塩納豆

by カエレバ

みのもんたの「おもいっきりテレビ」でも紹介されたことのある塩納豆です。納豆だけでなく刻んだ昆布や麹も入っている昔からある保存食です。

 

塩納豆は納豆特有の匂いが消えているそうで、納豆が苦手な人でも食べられるかもしれないですね。

 

もちろん納豆好きにはたまらないですよ!

 

-----

いかがでしたか?

 

納豆好きに捧げる山形のお土産紹介でした。納豆は本当に健康にもいいので、ちょっと年齢が高めの方へのお土産にはもってこいですね!

三重県・伊勢のご当地グルメ! 伊勢うどんがじわじわ人気に♪

f:id:miiii3612:20161205185958j:plain

三重と言えば赤福!!!!

私、赤福大好きなんです・・・!

ただ、赤福は賞味期限が短いのでお土産として買ってもゆっくりと味わえないのが残念なところ。。

現地で味わうのが一番良いかもしれません。

 

現地で味わう、と言えば三重県の伊勢地方で主に食べられる「伊勢うどん」をご存知ですか?

 

伊勢うどん

by カエレバ

 

伊勢うどんは、太くて柔らかい麺にタレをからめて食べるうどんです。

その麺の太さは、あの有名な「讃岐うどん」の2~3倍と言われています。

どちらかというと、きし麺のようなイメージでしょうか?

 

伊勢うどんは“コシ”が無い?

伊勢うどん讃岐うどんなどと違い、コシがないことが最大の特徴とも言えます。

一言「コシがない」ときくと、あまり良いイメージが無いような気もしますが・・・

麺がもちもちしていて、食べやすいという声が多いんです★

 

その美味しさは徐々に広がり、「ご当地うどん」としてテレビ番組で紹介されるほど!

 

そして、色の濃いタレは一見辛いのかな?と思いますが、食べてみるとそんなことはなく、

たまり醤油をベースにカツオなどのダシがブレンドされていて、どちらかというと甘口なんですよ♪

 

お店によって麺の太さやタレの味が違うので、三重に行った際は1店に限らずお試しいただくことをオススメします!

 

京都といえば抹茶! 抹茶スイーツといえば伊藤久右衛門!!

f:id:miiii3612:20161205173335j:plain

http://photo53.com/cat6/

 

京都って、歴史ある建造物がたくさんあって

ご飯も美味しくて

思わず「わぁ~~~っ」と声が出てしまうほどの絶景が見られる場所もたくさんあって

何度でも足を運びたくなってしまう街ですよね。

 

私も大好きなのですが、毎回と言っていいほど迷ってしまうのが「お土産」。

京都は“八橋”や“京ばあむ”など有名なお菓子もたくさんありますが…

そんな中でもおすすめしたいのが伊藤久右衛門の抹茶スイーツ!!!!

 

わたし、抹茶が本当に大好きなんです。

京都といえば宇治抹茶が有名ですが、抹茶スイーツといえば「伊藤久右衛門」というほど!

数あるスイーツの中なら、今回はピックアップしてご紹介します♪

 

宇治抹茶生プリン

by カエレバ

 こちらの抹茶プリンは甘すぎないのが特徴。

抹茶の苦味もしっかりと感じることができるところが魅力的です・・・♪

そして見た目からも伝わるように、絹のような滑らかさがクセになっちゃいます。

そのままでももちろん美味しく召し上がれるのですが、付属の「お濃茶蜜」をかけるとより強く抹茶の香りを感じることができます!

 

宇治抹茶チーズケーキ ゆめみどり

by カエレバ

 見た目は、抹茶タルトかな?と思うほど、抹茶色の強いケーキ。

・・・・・・ですが!

ほどよい酸味と爽やかな風味が特徴のクリームチーズが抹茶と合うっ!

タルト生地はココアの苦味がきいていて香ばしく、とっても美味しいんです。

 

いちご抹茶だいふく

by カエレバ

他にもご紹介したいスイーツたちがたくさんあってとても迷ったのですが・・・

最後にご紹介するのはいちご抹茶だいふくです。

抹茶だいふくの中にいちごが丸ごと一個、どどーんと入っています!

その美味しさは、テレビ番組で紹介されたり、通販でのグランプリで1位を獲得するほど。

もちもちの生地・なめらかで濃厚な抹茶餡にいちごの酸味がやみつきになります。

 

-----

 

店舗ではパフェや季節限定のかき氷などが大人気なんだそう。

伊藤久右衛門の抹茶スイーツお試しセットなるものもあるようなので

抹茶好きの方は試してみてはいかがでしょうか…★

 

by カエレバ

見た目は地味だけど喜ばれる? 徳島県お土産は味付け海苔がおすすめ!

f:id:miiii3612:20161204111922p:plain

http://rocketnews24.com/2015/03/29/562128/

 

徳島県って何が有名なんだろう?と一瞬思ってしまう方もいるかもしれませんが・・・

美味しい物、たくさんあるんですよ♪

徳島ラーメン、鳴門金時、すだち・・・

 

ただ!

お土産として持ち帰るにはハードルが高いものばかり。。

 

 

そんな中、わたしがオススメしたいのがこちらっ!!

 

大野海苔の味付け海苔

by カエレバ

 

 見た目が少し地味で、貰った側は「ん?」と思うかもしれません・・・が!

甘く見てはいけません。大野海苔さんの味付け海苔、本当に本当に美味しいんです!

 

有明産の海苔を中心に使用して作られていることが美味しさのヒミツ!

有明産の海苔はバリバリと歯切れがよく、旨みが濃いことが特徴。

そのため、味付け海苔にはもってこいなんだとか!

 

実際、ご飯の上に乗せて、海苔でご飯を包もうとしてもばりっと割れてしまうほど。

 

この大野海苔の味付け海苔を知ってしまうと、他の味付け海苔が食べられなくなってしまうかも?!

 

ご飯のお供としてはもちろんですが、味の濃さからお酒のお供としても大活躍してしまう味付け海苔。

ぜひ、お試しくださいっ!

 

by カエレバ

愛媛県の隠れた名産品『栗』をたっぷり堪能できるお土産とは?

南国のイメージの愛媛ですが、冬は毎年数回雪が降るほど寒くなるそうです。寒い季節になったらコタツに閉じこもって食べるみかんは最高ですよね♪

 

実は愛媛、栗が名産品なのをご存知でしたか?愛媛には屈指の栗の産地があるんです。

 

今回はそんな隠れた名産品の栗をたっぷり使ったお土産を紹介します!

ハタダ栗タルト

by カエレバ

「さらにおいしく、楽しく生きる人々へのお手伝い」をモットーの『ハタダ』が送る栗タルト。

 

甘すぎないあんを包んでいるスポンジがしっとりと美味しいです。栗とあんの相性はとてもぴったり。ゆずの香りがまたアクセントが効いていてたまりません。

 

その美味しさは1975年に生まれた栗タルトは何度もモンドセレクション金賞を受賞するほど。

 

ハタダの栗タルトは安定した美味しさです。しかし、ハタダにはもっと栗本来の美味しさを味わえるタルトがあるんです!

ハタダ御栗タルト

by カエレバ

この栗の大きさ!たまりません!どこを切ってもおっきな栗が丸ごと入っています。栗好きであればハタダ栗タルトより『ハタダ御栗タルト』を絶対にオススメします。

奥伊予和栗ロール

by カエレバ

丸ごとの栗ではないけれど見た目の可愛さで選ぶならこの奥伊予和栗ロールがおすすめです。

 

もちろん味も栗タルト達に引けを取りません。愛媛県内の有数の栗産地の西予市城川町の「奥伊予和栗」を100%使っています。奥伊予和栗を使った「粗挽き栗きんとん」と生クリームの相性は抜群です。

 

-----

今回紹介した商品はどれもオススメです。愛媛県が有数の栗産地という豆知識とともにお土産をプレゼントしてはいかがでしょうか。

福岡土産といえば定番のぶらぶら!創業80年以上の老舗の味とは?

f:id:bokunoikinuki:20161113093850j:plain

https://retrip.jp/articles/8893/

 

福岡県の有名な観光名所といったら思い浮かぶのはどこでしょうか?重要文化財である太宰府天満宮?白糸の滝で有名な糸島?季節折々の花を楽しめる能古島もいいですよね!

 

福岡県には他にもサザエさん通りなんかもあるそうですね!

 

そんな福岡県の名物といえば、博多ラーメン!辛子明太子!もつ鍋!焼きカレー!手羽先!あーもう名物上げていくだけでどんどんお腹がすいてきてしまいますね!今なら全部食べられそう!

 

今回は全国菓子大博覧会内閣総理大臣賞を受賞したことのある老舗のお土産を紹介します!

1929年創業の老舗「左衛門」

f:id:bokunoikinuki:20161113093924p:plain

http://www.saemon.jp/ourpolicy/index.html

 

博多ぶらぶら

by カエレバ

 

左衛門の看板商品!全国菓子大博覧会内閣総理大臣賞を受賞したのはこの博多ぶらぶらです。

 

見た目が良く見てみるとあんまり綺麗じゃないんです。しかし、騙されたと思って食べてみるとこれは見た目と裏腹に繊細な味が!

 

あんの少しの塩っけがまたモチモチの餅にぴったりなんです!福岡の定番のお土産ですね!

 

博多ぶらどら

by カエレバ

 

ぶらぶらシリーズのどら焼きバージョン!

このブラドラ普通のどら焼きではありません。一口食べると口の中に広がるブランデーの香りとガリッっと心地よい歯ごたえのザラメ。

 

ちょっと変わった大人向けのどら焼きです。


博多ぶらぱい

by カエレバ

 

ぶらぶらシリーズのパイバージョン!

サクサクのパイなのかにあんが入っているだけではないんです。良く見てください。ぶらぱいの中にはぶらぶらに似たあんと餅があります。

 

サクサクのパイとモチモチの食感のコラボレーションは意外にマッチします。パイもバターの風味が効いててとても美味しいです。

 

-----

いかがでしたか?うまいもんがたくさんある福岡ですが、お土産は安定した定番のものをおすすめします!