読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広島県のお土産と言えば、なんといっても「もみじ饅頭」♡

 

f:id:miiii3612:20161012192140j:plain

広島には、牡蠣や魚介類・お好み焼きなど、絶品グルメがたっくさんあります。

そんな広島のお土産と言えば!「もみじ饅頭」がダントツで有名ですよね。

 

もみじ饅頭には定番のこしあん・粒あんから人気のクリーム系(カスタードやチョコレートなど)、更にラムネ餡や大人向けに作られた吟醸チョコもみじなど変わり種もあり、

更に!季節限定の種類や店舗限定のものも合わせると、全部で200種類以上あるともいわれています。

 

もみじ饅頭の老舗、<やまだ屋

ここ、やまだ屋さんのもみじ饅頭は味のラインナップの多さが特徴!

変化球(もちろん良い意味です◎)のお味が多く、上記に書いた“吟醸チョコもみじ”を扱うのも、ここやまだ屋さんです。

季節限定のお味も登場しているので、1年を通して目が離せませんっ…!

-----

 

そんな「もみじ饅頭」ですが、普通に食べるより何倍も(!)美味しく食べられる方法があるのをご存じですか?

私が愛してやまない「もみじ饅頭」をもっともっと楽しく、美味しく食べられるアレンジ方法を少しだけご紹介しますっ♪

 

もみじ饅頭の色んな食べ方…♡

アレンジ方法その1:ほくほくもみじ

もみじ饅頭一つにつきレンジで10秒ほど温めると、まるで出来立てのようなもみじ饅頭が味わえます!

なんと、広島県民のほとんどの方が「この食べ方の方が美味しい!」とオススメしているのだとか。

中にはレンジでチンした後、更にトースターで2分ほど温めると更に美味しくなるというウワサもあります。

 

アレンジ方法その2:アイスもみじ

某大ヒットドラマの主人公が「もみじ饅頭って凍らせたら美味しいんですよ」と発言したことで、この食べ方を知っている方は少なくないはず…!

冷凍庫から出して数分おいてから食べることが“通”なんだとか。

(食いしん坊な私は、どうしても待ちきれなくて冷凍庫から出したらすぐに食べてしまいますが!笑)

 

アレンジ方法その3:フライもみじ

素揚げでももちろん美味しいのですが、オススメは天ぷら粉をつけてから揚げる「もみじ天ぷら」。

外はカリカリ、中はふわふわでもっちりとした食感が味わえます。更に、アイスやフルーツをトッピングすると、ちょっぴり贅沢なデザートの完成です。

私はコレ、普通のおまんじゅうでやったりするのですが…、やっぱりもみじ饅頭が一番美味しいと思います♪

 

いろいろな種類のもみじ饅頭と、上記ご紹介した食べ方を掛け合わせて、あなただけの“オリジナルもみじ饅頭”を味わってみてくださいねっ!

-----

 

★…番外偏…★

見て見ぬフリはできなかった…。私、発見してしまいました。

今、こんなものが、出ているんですね 。

もみじ饅頭の「お酒」